ホーム > エンジニアリングレポート
エンジニアリングレポート

エンジニアリングレポート作成

昨今の不動産証券化等の市場拡大に伴い投資対象物件の不足感から、その対象は従来のオフィス・レジデンシャル系からその他多様なジャンルにまで広がりを見せています。したがって、各物件の特殊性に対応した個々のERが要求されています。
特に土壌汚染・アスベスト等に代表される環境調査事項については、最新の法規制の動向を踏まえた質の高いレポートが必要不可欠です。
アースアプレイザルは常に中立性を保持し、実績に裏づけされた技術力を駆使し、スピーディかつダイナミックにクロージングまでディールをサポート致します。

エンジニアリングレポートイメージ図


エンジニアリングレポート調査項目一覧

エンジニアリングレポートとは、建物の物的状況に関する調査をまとめたもので、建物の主要構造部、設備等の劣化状況、耐震性、使用材料の有害物質含有状況、敷地についての土壌汚染の状況などが対象となります。詳細は調査項目一覧表をご参照ください。
鑑定評価においてはDCF法適用の際の修繕費用の見積もりや耐用年数の査定の参考になります。また、不動産証券化の格付け取得やプロパティマネジメントにおける修繕計画策定の基礎資料ともなります。

お問い合わせ:03-5298-2151(設計チーム)

調査報告書 調査項目
1.建物状況調査 立地概要調査
建築概要調査
設備概要調査
更新・改修履歴及び更新改修計画の調査
構造概要調査、設計基準
遵法性
緊急を要する修繕更新費
短期修繕更新費用
長期修繕更新費用
再調達価格の算定
2.建物環境リスク評価 フェーズT アスベスト
PCB
その他の項目
3.土壌汚染リスク評価 フェーズT 土壌汚染の可能性
4.地震リスク評価(PML) 詳細分析(解析的な方法)
簡易分析(統計的な方法)
出典:『不動産投資・取引におけるエンジニアリング・レポート作成に係るガイドライ ン(2007年版)』
社団法人 建築・設備維持保全推進協会
社団法人 日本ビルヂング協会連合会
2007年4月

ページのトップに戻る